成功させるために事前に読んでおこう!外壁塗装の豆知識について詳細に解説

当サイトは成功させるために事前に読んでおきたい、外壁塗装の豆知識について詳細に解説しています。
住まいの外壁に気になる点がある場合には、チェックしてみることをお勧めします。
外壁の塗装で相性のよい色を選択するためには、施工写真を見てイメージ作りをするとよいです。
外壁の塗り直しを計画しているのなら、参考にしてください。
それから外壁の塗装の施工する時期は劣化症状や建築年数をもとにして決定するのがおすすめです。

成功させるために事前に読んでおこう!外壁塗装の豆知識について詳細に解説

家の外壁に異変があるため外壁塗装をすることを検討しているという人もいるのではないでしょうか。
外壁塗装の知識として知っておきたい事には、成功に適した季節を選ぶということが挙げられます。
雨天の場合は施工できないので、晴天の多い春や秋がベストです。
また気温や湿度によっても施工出来ないため、夏や冬は注意が必要です。
外壁塗装に使用する塗料には様々なものがあり、基本的に価格が高いほど長持ちする傾向があります。

外壁塗装には最適な季節や条件によっては施工の進み具合が異なる

日本には春夏秋冬と呼ばれる4つの季節が存在しますが、これは様々な面で影響を与えます。
例えば人間の服装も、夏場は薄くなり冬場は厚着になる傾向があるでしょう。
このように季節によっていろいろと変えなければならないものがありますが、外壁塗装の具合はどうでしょうか。
外壁塗装の場合何が問題なのかと言えば、気候条件等で果たして施工期間や料金等が変わるかといった問題になります。
結論から言えば、気候条件等により施工の期間は随分と変わってくることが多いです。
例えば、毎日晴れている日に塗装をする場合と雨の日ばかりが続く直に塗装する場合では、当然前者の方が短い期間で終わらせることができます。
これに対して、雨の日が続く梅雨の時期や、9月の中頃の長い雨が続く時期はなかなか塗装作業が進みません。
そうすると、世間的には2週間と言われている塗装も、3週間以上かかってしまう可能性があります。
ちなみに、金額はどの気候でもほとんど変わりがないためあまり気にしなくても良いです。

外壁塗装の寿命年数を考慮しながら施工のタイミングを考えること

エアコンクリーニングやコンセント増設や壁紙張替えや畳表替えや雑草除去や害虫駆除や照明器具取替や間取り変更など、業者に任せた方が良い住宅にまつわる作業はたくさんありますが、外壁塗装も素人が行うべきではない作業の一つです。
周りに塗料が飛び散らないようにするために十分なスペースを確保したり、ガーデンファニチャーや玄関ドアや窓ガラスなどに養生シートを施したりするだけでも膨大な時間と手間を要しますし、ローラーや刷毛を使ってムラなく均一に塗料を塗り伸ばすのは至難の業です。
日照時間が短くて湿度が高くて気温が低いと乾きにくいという問題も生じますし、失敗できない緊張感もつきまといます。
外壁塗装の寿命は10~20年程度ですので、10年という年数を目安にベストタイミングを見計らいながら信頼できる業者に依頼しましょう。
経年劣化や自然災害などで生じた破損や剥離やひび割れを放っておくと見た目が良くないだけではなく、住宅を守るという機能も低下してしまいます。

外壁塗装を成功させるために塗料と季節の関係を調べておくこと

外壁は、雨風や強い紫外線の影響で少しずつ劣化が進んできます。
悪化すると、ひび割れが発生し、そこから水が入り家の耐久性を落とすことにもつながります。
それゆえ、劣化に気づいたときは早めに修繕をしておきたいところです。
外壁の修繕は外壁塗装という形で行われることが多くなっています。
外壁塗装を成功させるためには、どの季節にするのかも決めておきたいところです。
まず、雨が多い時期は作業が進みにくく塗料が乾くのにも時間がかかってしまいます。
雨が多い梅雨の時期は避けておきたいところです。
年間を通して依頼することはできますができれば雨が少なく、気温や湿度も安定している春や秋を選びましょう。
暑くもなく寒くもないので、業者も作業しやすいというメリットがあります。
夏場は、気温が高いので塗料は乾燥しやすくなますが蒸し暑く湿度も高く、台風の影響も心配です。
冬は雨が少なく乾燥していますが、日照時間が短いので、乾燥に時間がかかる傾向があります。

外壁塗装で塗料を選ぶ時には面積効果に注意する

外壁塗装に使われる塗料は目の錯覚が原因で明るさが違って感じられることがあります。
同じ色でも大きい面積だと見え方が変わることを一般的に面積効果と呼びます。
外壁塗装でイメージ通りの仕上がりにするためには、この効果について理解した上で最適な塗料を選ぶ必要があります。
明るい塗料はて大きい面積の方が明るく濃い感じがします。
反対に暗い塗料は面積が大きくなるほどより暗く濃く感じられるようになります。
明るさが変わらなくてもイメージが大きく変わってしまうのがこの効果の特徴です。
他にも人間の目に錯覚を起こさせる現象があります。
明度対比は隣接する色によって明るくなったり暗くなったりする現象を指します。
色相対比は背景に影響を受けて本来と異なるように見えることで、彩度対比は彩度が異なる色が影響し合い鮮やかさが変化して見える現象です。
外壁塗装を行う場合には面積効果などを考慮して塗料を選ぶと、イメージ通りに仕上げることができます。